スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶の彼方に~中央線201系引退~

昨日は、中央線201系が引退=廃車回送するとのことで前もって集まった有志たちとともに最終の地、北長野(長野総合車両センター)まで見送りを敢行しました。もちろん、4台程の自動車に分乗・交代しながら遠路遥々北長野まで。
免許を取得できてよかったw。八ムコ201さん、また今回のプランに同行したみなさん、お疲れ様でした。

なお、またも一眼レフとの併用により最初の富士見付近は動画のみですのでこちらはYOU TUBEにアップ出来次第掲載いたします。
特急 しなの
と、いうことでいきなり篠ノ井線の明科~坂北付近に飛びます。
201系通過の15分程前、激しい逆光の中を「特急 しなの」が通過します。既にこの場所には30~40人位が集まっており、私は高台の一番端っこより撮影していました。結構危険な場所でした・・・。

H7編成 31運用
激しい逆光の中に混じらない、オレンジ色電車が終着の地「北長野」を目指す。
既に50編成近くの中央線・青梅線201系が同じようにここを通り、このH7編成の通過を以って中央線・青梅線201系置き換えは終了したことを意味する。
H4編成と異なり、回送2日前まで運用に入り続け飾り気の無い運用終了のしかたが如何にも通勤電車らしく、使命を全うした感がある。

北長野1
そして、全ての行路を走行し終えたH7編成は長野総合車両センターに115系やキハ110系との間に収まった。

北長野2
全てのドアを開き、広告類の取り外しが行われる。
代走運用を含めた中央線運用には何があっても二度と入ることはできなくなった、そう感じた瞬間であった。

新幹線と
東京駅では新幹線より高い位置にいた電車が、今は低い位置にいる。
つい二日前まで東京で出会っていた電車が200km以上離れた長野で出会うのは面白いことであるが、二度と無いことである。


中央線201系はこれを以って完全に引退した。
ひとつの時代であり象徴であったオレンジ単色箱型車両の引退は「省エネ」が叫ばれ始めた時代の幕引きであると共に、記憶に、記録にあるものになってしまった。
                  ~ありがとう 201系~
にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
スポンサーサイト

theme : 鉄道写真
genre : 写真

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本当のサヨナラ

今でも信じられない。 現実を受け入れられない。 中央線201系の全廃なんて。 小さいころから世話になってきた車両。 中央線の駅に行けば必ず...

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
委員長紹介

西船橋的な人

Author:西船橋的な人
出没場所:西武線等

ご趣味:撮影(色々な)・Nゲージ自力修繕(主に電動機の)・今は涼宮ハルヒの憂鬱・音楽

使用カメラ
Nikon/D60(~2015年3月)
後輩から譲ってもらった、自身初のデジタル一眼レフ。
これで練習して、将来的にもっと高性能なカメラを買いたいですね。
※写真はトリミング加工してある場合もあります

その他:「西船橋的な人」の名は既に10年以上使っている息の長いHNです。今後も変える気はありません。

以上。

範疇
最新委員会報告
最新ご意見
最新トラックバック
月別委員会記録
「日本国憲法」
日本国憲法

国鉄鋼鉄電車ご乗車数集計
現在ご乗車中のお客様
現在の閲覧者数:
お天気予報

-天気予報コム- -FC2-
委員会内資料検索
RSSリンクの表示
リンク(敬称略)相互受付中!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ご協力をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営・三セクへ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。